輸入チーズ

なぜチーズにはワインとよく言われているの?

ヨーロッパの人々にとってチーズは食卓に欠かせないもの。
古代ギリシャの時代、チーズとワインを与えられたゼウスの娘がまばゆいばかりの美しさと類まれな英知を持った美女として育ったといわれ、
当時からチーズとワインの素晴らしさが知られていたといいます。

生まれも育ちも同じものをチーズとワインの組み合わせの基本は「同じ産地の似たものを選ぶ」です。
同じ産地のものを選ぶことによって、非常に相性の良い組み合わせとなります。

香りや味が似たものをチーズは味や香りが似たものを選ぶと相性の良い組み合わせとなります。
濃厚なチーズにはコクのあるワイン、あっさりとしたチーズには酸味のあるワインなど、にたもの同士を選ぶことが大切です。
チーズにワインが良いといわれるのは、これらの組み合わせの相性の良さによるものです。

実際にこの組み合わせを試してみると非常によく合うのです。
お互いが相手の風味を損なうことなく相手を引き立て、自然に寄り添っているような錯覚に陥ってしまうような感覚です。

フランスはワインは食事の友でもあり、日常的に飲まれています。
このため、チーズもおのずとワインに合ったものになっていますし、生まれも育ちも同じものが合うのは、当然といえば当然のことなのかもしれません。