輸入チーズ

チーズに含まれる乳酸菌が腸の働きを助けてくれる?

ナチュラルチーズは発酵の過程で乳酸菌を使い、乳酸発酵させます。
ヨーグルトも発酵食品ですが、チーズの発酵はヨーグルトよりも乳酸が活発に働いて熟成を進めます。

チーズの熟成に不可欠 乳酸菌の偉大なパワー
乳酸菌は「グルタミン酸」を生み出し、チーズの熟成に深くかかわっています。
この乳酸菌は、便秘や肌荒れを改善し、美容と健康に大きく影響する腸内環境を整えてくれる非常に優秀な存在なのです。

乳酸菌は、牛乳がチーズになる発酵の過程で必要になる成分です。
これを「乳酸菌スターター」といいます。
乳酸菌スターターは乳酸を生成し、たんぱく質を分解して風味を出します。
さらには、有害微生物の増殖をも防ぎます。

チーズを摂取することによって、腸内環境が改善されて腸の免疫機能が高まり、本来の正常な体質へと改善されます。
腸内免疫機能の促進は、「腸内フローラ」のバランスを整え、コレステロールの低下、抗腫瘍効果、整腸作用、疾病予防など人間の体に有効な働きをすることがわかっています。

チーズの乳酸菌は、「生体に直接働く優れた成分」として腸内環境を整え、腸本来の正常な働きを取り戻してくれるまさに「優れた成分」であります。
チーズは、「完全栄養食」であり、バランスの良い栄養素の宝庫。
毎日の食卓で、腸内環境をばっちり整えましょう。