輸入チーズ

チーズに含まれるビタミンの種類や効能

チーズに含まれる栄養素は、主に、ビタミン、ミネラル、カルシウム、脂質、たんぱく質です。
原料乳や製造方法によってさまざまな種類に分けられ、水分の少ないチーズは、カルシウムやたんぱく質の含有量が多く、脂肪の多いもの、低カロリーのものなど、それぞれの栄養分も異なります。

たんぱく質
チーズは良質のたんぱく質を含んでいます。
たんぱく質は熟成とともにアミノ酸に分解され、効率良く消化吸収されます。

脂質
チーズの脂肪は体内で速やかに吸収されるため太りません。

ビタミン
チーズには、必須ビタミン、ビタミンB2とビタミンAが多く含まれます。
ビタミンB2は脂肪を分解して燃焼させます。
ビタミンAは皮膚や粘膜を守る他、がん予防にも効果が期待出来ます。

ミネラル(カルシウム)
神経、血圧のバランスを調節するミネラルであるカルシウムを豊富に含みます。

コレステロール
人間の臓器の構成に関係している健康維持に必要なコレステロールはチーズ40gにおよそ40mgほど含まれています。
チーズに唯一不足しているのが炭水化物やビタミンC、食物繊維の栄養素です。
これらの栄養素を含む食品との同時摂取で、チーズの栄養素を最大限に引き出すことが出来るのです。