輸入チーズ

チーズを食べると血圧ケアに繋がる?

最高の栄養食 チーズ
チーズの含有量に差はありますが、骨粗しょう症予防のカルシウム、ナトリウム排出効果抜群のカリウム、脂肪燃焼を促進するビタミンB2、便秘予防の乳酸菌など、チーズは栄養素の宝庫です。
血圧を正常に保つ、動脈硬化予防に優れたチーズは最高の栄養食です。

血圧に効果的なレシピにこれをプラス
血圧が気になる方に最適なのは、「低ナトリウム+高カリウムレシピ」です。
ナトリウムの排出を助けるカリウム豊富な野菜や魚介類、大豆製品などを積極的に取り入れたレシピを考えましょう。

血圧ケアにはこれらのレシピにこれを加えるとより効果的です。
定番のカレーやシチューには必ずこれを加えましょう。
チーズにはビタミンCと食物繊維が含まれていません。
ビタミンCを含む果物とこれは必ずセットにしましょう。

意外な落とし穴 チーズと加工食品
カルシウムは摂取方法を間違えると、吸収が阻害されるといいます。
即席麺やハムなどの加工食品に含まれる「リン」が小腸でカルシウムと結びつき、吸収されなくなってしまいます。

チーズはカルシウムを多く含んでいますから、その効果を最大限に発揮してもらうためにも、リンを含んだ食品との摂取は控えましょう。
ハムチーズサンドなどは、チーズのカルシウムの吸収を考えるとあまりおすすめできないレシピです。
チーズには野菜と果物をおすすめします。