輸入チーズ

チーズは1日何グラムまで食べるのが良い?

チーズは、牛乳の栄養分を凝縮したものであり、
チーズ20gでおよそ牛乳コップ一杯分の栄養が詰まっています。
一日にだいたい30g程度のチーズを食べるのが一般的です。

人間に必要なコレステロール
人間の体には何かと悪者にされがちなコレステロールが必要です。
脳や脊髄、肝臓といった臓器の構成に深く関与しているために、健康維持にはある程度のコレステロールは欠かせません。

コレステロールは、ホルモンを作る元になる大切なものです。
栄養素の消化吸収に欠かせない、肝臓で作られる胆汁酸の原料になる他、細胞膜の構造に不可欠な役割を持っています。

成人の場合、一日に300㎎以下のコレステロール摂取が理想であり、特に育ち盛りの子どもには欠かせないのです。
子どもの頃に摂取したものは将来に影響します。
子どもには毎日摂らせたいですね。

チーズ40gあたり40㎎のコレステロールが含まれますので、毎日摂取するようにしましょう。
チーズと牛乳は最強の組み合わせです。

どんなに優れた栄養素であっても過剰摂取は命取り。
適切な量を毎日規則正しく摂取することが体を作り健康を維持します。
チーズは単体での摂取よりも、野菜や果物と一緒に摂取する方がよりチーズの健康効果が期待出来ます。