輸入チーズ

チーズとヨーグルトの栄養分の違い

ヨーグルトの栄養と効用
ヨーグルトは、牛乳をベースに脱脂粉乳などを乳酸菌で発酵させたものです。
牛乳の栄養に加えて、乳酸菌の効用も期待出来ます。
悪玉菌の増殖を抑え、乱れがちな腸内環境を整える効果があります。

ヨーグルトの特徴
ヨーグルトの成分のひとつ、たんぱく質はペプチドまで分解されていて、体内で消化吸収されやすくなっています。
カルシウムも豊富に含まれ、乳酸と結びつくことで乳酸カルシウムとなります。
これによって非常に吸収されやすくなっています。

チーズの栄養と効用
チーズは、牛乳の水分を取り除いて栄養を固めたものです。
牛乳の栄養分がまるごと凝縮されており、ビタミンやミネラル、カルシウム豊富を含み、免疫機能を活性化する効果にも優れ、「完全栄養食」ともいわれています。

チーズの特徴
チーズは、製造方法などによって種類もさまざまで栄養成分も異なります。
水分の少ないチーズには、カルシウムやたんぱく質が多く含まれています。

チーズもヨーグルトもそれぞれに優れた栄養素を含んでいます。
牛乳を飲んでお腹がゴロゴロしたり、お腹を壊しやすい人にはチーズやヨーグルトを摂ることをおすすめします。
どちらも毎日の食卓に積極的に取り入れたい優秀食品です。